~モテる男の恋愛術

共感

「男性としての魅力」をアピールするために、

直接関係があるわけではありませんが、

女性と「共感」をするという行為は、

とても重要です。

 

全て女性に合せたり、共感しまくったりすると、

「自分を持ってない男」と認識され、

逆に「男性としての魅力」を下げますが、

ポイント、ポイントで使う分には、

とても有効です。

 

 

特に出会ったばかりや、まだそれほど仲がよくない時に、

相手にまったく合わせず、一切「共感」するポイントがないと、

女性に「男性としての魅力」をアピールする前に、

「この人とは合わない!」と見切りをつけられてしまいます。

 

なので、もてるための決定的な切り札ではありませんが、

とても大事ですので、上手な共感の仕方をマスターしてください。

男としての価値を下げない「共感」の仕方

よく恋愛本でも、女性と共通点を見つけ、

一緒に共感することが大事などと書かれていますが、

重要なポイントは以下の2つです。

 

  • 重要なポイントだけ、共感する
  • さりげなく、(共通するポイントが)一緒だと知らせる

 

前者は最初にも言いましたが、なんでも合せたり、共感してると、

逆効果になります。

 

 

女性との会話の中で、女性が本当にわかってほしいと思っているところだけ、

「あ、それはわかる」と共感してあげることが大事です。

 

 

「普段、簡単に人と合せてこないあなたが共感してくれた」と思ったら、

女性もうれしいし、本当にそう思っているんだなって実感できますよね。

 

後者についてもわかると思いますが、

「共感」していることをアピールしすぎると、

媚びている感が出て、「男性としての魅力」を下げます。

 

 

また、女性と出身地や趣味など共通点が見つかった時も同様です。

 

「うっそー、俺もそうだよ! 一緒、一緒!」などと、

喜びながら、共通点をアピールするのは避けるべきです。

 

ある程度仲がよくなっているなら構いませんが、

女性があなたのことをなんとも思っていない段階で、

嬉しそうに共通点をアピールされると、

「下心があるんじゃないか」と逆に警戒されますし、

よくても、男として軽く見られます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

プロフィール画像

スカウトマン、ヒモなどをやっていました。

アクセス数ページランキング

1位 - 『時間的損失の男女差』

女性がなぜ、男ほど性欲がないのかがわかる

2位 - 『なぜ男は余るのか』

世の中の男と女は50対50。なのに、男が余ってしまうのには、ちゃんと理由があった!

3位 - 『「男性としての魅力」』

女性が男性に感じる魅力は大きく分けると、たったの2つだった

理想の女性との出会いを増やせ!

pairs