~モテる男の恋愛術

時間的損失の男女差

女性(メス)が男性(オス)と比べ、積極的に

体の関係を持とうとしない、もう1つの理由。

 

それは時間的損失を避けるために

女性(メス)は男性(オス)よりも

慎重に相手を選ぶのです。

 

 

 

子供1人あたりにかけるコストの違い

一般に子供を作る場合、男性(オス)が負担しなければならない時間は、

性交渉の時間だけです。

 

ところが、女性(メス)の場合は、

その後、妊娠・出産をしなければなりません。

 

人間の場合、それぞれ負担する時間は、

男性が数十分なのに対し、女性は1年近くかかります。

 

つまり、動物にもよりますが、子供1人あたりにかかる時間が

通常女性(メス)は、男性(オス)の何千、何万倍もかかるわけです。

 

しかも、哺乳類の場合、メスが母乳で子育てをします。

その時間も含めると子供1人にかける時間の男女差は、

圧倒的な差になります。

 

ですので、交尾の後でパートナー選びに失敗したと気付いた場合、

男性(オス)は、すぐに別のパートナーにアプローチをかけることができ、

いくらでも選択ミスを挽回できます。

 

一方、女性(メス)の場合は、一旦体の関係を持ってしまうと、

妊娠~出産~子育てが終わるまでは、次の相手と関係が持てません。
(※動物によっては授乳期間が終わるまで、発情期にならないこともあります)

 

つまり、女性(メス)の場合、パートナーの選択ミスによる

時間的な損失がとてつもなく、大きいのです。

 

そのため、積極的にいろんな男性(オス)と関係を持つよりも

慎重に相手を選んでから、関係を持った方が、

結果的に「自分のDNAを後世により多く残す」ことができると、

本能的に考え、女性(メス)は恋愛行動をとっているわけです。

 

よく、男性がホテルに誘うときに

「いいじゃん。減るもんじゃないしー」なんて、口説く人がいると思います。

あ、私じゃないですよ!(汗)

 

でも、女の子は、好きでもない男性と関係を持つと、実際に時間はもちろんのこと、

もっと魅力的な男性と関係をもつ機会を減らしている(失っている)わけです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

プロフィール画像

スカウトマン、ヒモなどをやっていました。

アクセス数ページランキング

1位 - 『時間的損失の男女差』

女性がなぜ、男ほど性欲がないのかがわかる

2位 - 『なぜ男は余るのか』

世の中の男と女は50対50。なのに、男が余ってしまうのには、ちゃんと理由があった!

3位 - 『「男性としての魅力」』

女性が男性に感じる魅力は大きく分けると、たったの2つだった

理想の女性との出会いを増やせ!

pairs