~モテる男の恋愛術

婚活で贅沢は言っていないのに、理想の相手が見つからないのには、ちゃんと理由があった

今日は、30才以降で婚活をしている女性向けの話。

しかも、ちょっと厳しい話。

 

でも、「いい男がいない」「結婚できない」と嘆いている人は

この自覚がないと、さらに婚期が遅れるので、覚えておいてほしいことです。

 

たいてい、30代、40代で婚活をしているのに、

なかなかいい相手が見つからないと言っている人は、

結婚相手の条件が厳しく、贅沢を言っている場合が多いです。

※いいと思う相手はいるけど、いつも振られてしまうという女性は除きます。 あくまでいいと思える男性に会えないという女性限定です

 

こういうと、

「そんなことはない」

「普通の男性でいいのにいない」

「贅沢は言っていないし、平均的な男性で十分」。

という女性が多いのですが、じつは自分が気付いていないだけで、

実際にはそれなりに贅沢を言っている場合が多いのです。

 

では、なぜそんなことが起きるかというと、理由は2つあります。

 

1 そもそも平均と思う条件が間違っている

女性自身は平均でいいと思っている数値が

じつは、平均よりもかなり高いケースがあります。

 

ちょうど、参考にあるページがあったので紹介します。

今や“三平女子”の希望年収さえ満たせる男はなし!? 婚活女性の平均感覚が現実とズレまくる本当の理由

 

年収に関してですが、希望している年収や最低限ほしいと思っている年収と

実際の男性の年収には、大きな差があるのがわかります。

 

特に20代同士の場合、女性が「最低限の年収」で挙げている金額ですら、

実際の男性の平均年収に届いていないわけですから、

女性の認識と現実がズレていることがわかります。

 

2 平均的な条件が揃っている男は平均的ではない

女性が平均と思っている数値と現実が一致している場合でも、

「平均的な条件が揃っている男は平均的ではない」ということが

わかっていないと、やはり厳しい条件を言っているのと同じになります。

 

ちょっと意味がわからないと思うので、わかりやすく説明します。

 

たとえば以前流行った三高(高収入・高身長・高学歴)を例にしましょう。

この3つの項目をそれぞれ平均でもOKとします。

  • 収入
  • 身長
  • 学歴

 

男性が100人いたとして、

まず収入の条件をクリアしている男性を残します。

平均値を基準とすると、中心からそれ以下は消えるので、

半分の男性は脱落し、50人しか残りません。

moteren1

 

次に身長。

日本人の平均身長は170cmくらいだったと思いますが、

すると、当然170cm以下の男性は半分くらいいて、

こちらも脱落します。

50人の半分が脱落するので、残り25人です。 moteren2

 

そして、最後が学歴です。

同じように半分が脱落するので、

結局残るのが12~13人です。

moteren3

 

要するに「普通でいい」「贅沢は言っていない」と思っている項目でも、

それが3つあれば、該当するのは100人中12~13人しかいないわけです。

 

しかも、この中には当然既婚者も含まれます。

さらに既婚者の方が年収、顔など条件がいい場合が多いので、

未婚者は割合的に各項目とも平均値近くの方が多くなりがちです。

 

そこまで考えると、独身で結婚してもいいと思える男性は

100人中5人もいればいい方なわけです。

 

最近は、妥協的に『三平(平均的年収、平凡な外見、平穏な性格)』で

いいなんていう女性もいますが、

じつは全然そんなことはなく、3つ平均をクリアしている男性は、

かなりよい結婚相手になるということがわかると思います。

 

「平均的な条件が揃っている男は平均的ではない」わけです。

 

 

ちなみに、「私は平均以上じゃなくてもいい。上・中・下で下のレベルでなければいい」

という場合、どれくらいの男性が残るか計算してみましょう。

 

上・中・下のうち、上と中、3分の2が残るので、100人から、

収入、身長、学歴と3回ずつ3分の2を残していきます。

  • 『収入』- 100人×2/3=66.7人
  • 『身長』- 66.7人×2/3=44.4人
  • 『学歴』- 44.4人×2/3=29.6人

 

これでも、100人中30人しか残りません。

 

さらに独身男性に限定しまうと、おそらく半分以下に減るでしょうから、

100人中10~15人くらいになるんじゃないでしょうか。

 

平均以下でもひどくなければいい(下のレベル以外)と思っていても、

意外に見つけるのが大変なわけです。

 

しかも、ようやくこれに該当する相手が見つかっても、

もし顔が悪い、長男で夫両親と同居が必須など、

他の項目で何かマイナスポイントがあった場合、どうでしょうか?

 

三高など、好条件で探していて、他にマイナスポイントがあるくらいなら、

「贅沢言っているし、これくらいのマイナスは仕方ないかな」と妥協できますが、

下のレベル以外ならOKと、すでに妥協しているのに、

これ以上妥協はできないと思ってしまい、他の人を探す女性も多いんじゃないでしょうか。

 

 

以上です。

 

これを聞いて、ショックを受ける方も多いと思いますが、

本人は贅沢を言っているつもりは無くても、

じつは、かなり条件的に厳しい相手を探している場合が多いので、

なかなかいい相手に出会えないと思っている女性は、

一度自分の条件を見直してみるといいと思います。

 

別に「高望みは止めろ」とか「それほどよくなくても妥協しろ」とはいいませんが、

この点を覚えておくと、なかなか相手が見つからなくても、珍しいことではなく、

「確率的に、そう簡単に見つかるものではないし、落ち込む必要はない」と

開き直って婚活ができます。

※婚活疲れしている人は特に大事。

 

結果的に、それが結婚への近道にもなると思います。

 

以前、結婚相談所に勤めている知り合いに聞いたことがありますが、

「男性でうまくいかない人は、希望の女性がいても振られてしまったり、

積極的に動けず、結婚できない場合が多い。

女性でうまくいかない人は、自分の希望と合う男性が見つからず、

会っても、自分から断ってしまう場合が多い」

と言っていました。

 

昔に比べれば、女性が求める条件も緩くなったみたいですが、

まだまだ、現実と比べると厳しい条件みたいですね。

 

それでも、条件を変えられないなら…

100人中12~13人しかいないと言われても、

「やっぱりこれ以上条件は変えられない」

「平均以下はイヤだ……」

と思うなら、やることは1つです。

 

 

『出会う男性の数を増やす』

 

 

確率は変えられないわけですから、あとは分母の数を増やすしかありません。

年に10人しか、新しい出逢いがなければ、結婚してもいいと思える男性とは、

1~2人しかいません。

 

もし、その相手にパートナーがいたり、

シングルでもあなたに恋愛感情を持たなければ、うまくいきません。

 

しかし、年に100人と出会えば、結婚してもいい男性は12~13人、

年に1000人と出会えば、120~130人と増えます。

 

自分が振られて、うまくいかないなら、自分磨きなどをしても

モテる努力をする必要がありますが、そもそも結婚したい相手がいないなら、

このように、出逢いを増やしていくしかないわけです。

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

プロフィール画像

スカウトマン、ヒモなどをやっていました。

アクセス数ページランキング

1位 - 『時間的損失の男女差』

女性がなぜ、男ほど性欲がないのかがわかる

2位 - 『なぜ男は余るのか』

世の中の男と女は50対50。なのに、男が余ってしまうのには、ちゃんと理由があった!

3位 - 『「男性としての魅力」』

女性が男性に感じる魅力は大きく分けると、たったの2つだった

理想の女性との出会いを増やせ!

pairs