「子育て・パパとしての魅力」

前回は、「やさしい」「お金持ち」「頼れる」

「イケメン」「自信家」「誠実」など、

女性が惹かれる魅力は

2つに分けられることをお話ししました。

 

そのうちの1つは、子供に遺伝で引き継がせたい魅力

「男性としての魅力」であると説明しましたので、

今日は2つ目について、お話しします。

 

 

子供を育てるための魅力

ずばり言ってしまうと、2つ目の魅力は、子供を育てるための魅力です。

上記でいうと、「やさしい」「誠実」「金持ち」などですね。---※1

 

いくら、男性として魅力的であっても、子育てに非協力的であったり、

しっかりお金を稼いできてくれなければ、子供を立派に育てられません。

 

イメージ的には、マイホームパパ的で、

女性に対しサービス精神が旺盛な男性に多い魅力です。

 

いわゆる「子育て・パパとしての魅力」ですね。

 

こちらのタイプの男性は、前回の『ライオンタイプ』に対し、

便宜上、一夫一妻制の多い『鳥タイプ』と呼ばせていただきます。

 

 

女性は自分のDNAを残すため、この2つに重点を置き、

男性を選別するようになっています。

 

 

 

もちろん、本能的な習性ですので、

女性は意識していませんし、本人もなぜこのような男性を好きになるのか、

わかっていなかったりします。

 

そして、この2つの魅力の違いは、もてる男になる上で、

とても重要なポイントになります。

 

次回から、詳しく解説していきますね。

 

※1
「誠実」「金持ち」も「男性としての魅力」になり得ますし、

「頼れる」なども「子育て・パパとしての魅力」としてなり得ます。

あくまで、比重が高いと思われるということで、簡単に区分けしました。

オススメ記事