携帯電話がなかった頃の恋愛事情 ~ その2『自宅の電話編』

今日は「携帯電話がなかった頃の恋愛事情」の

第2弾『自宅の電話編』です。

 

今回の話も30代以上なら、

「あった、あった」と共感されるんじゃないかなと思います。

 

女の子の家に電話するとドキドキ

携帯電話がなかったころは、

女の子と連絡を取りたいとき、家の固定電話を使っていました。

 

なので、まず自分の家族に会話を聞かれたくないので、

親がいないときを狙ったり、電話線をひっぱって、

自分の部屋に電話機を持ち込んで、電話をかけたりしていました。

(その後、子機の付いたタイプの電話が出たときは、マジで神だと思いましたね)

 

 

 

しかし、本当に大変なのは、ここからで、

電話は相手の家の電話にかけているので、

かならずしも、その女の子が出てくれるとは限らないということです。

 

 

というか、家の電話なので、

結構な確率でお母さんが電話に出たりします。

 

「○○さんお願いします」といえば、

たいてい、そのまま変わってくれますが、なんとなく気まずいんですよね。

 

 

 

あとは、めったにないけど、一番痛いのが、父親が出るパターン。

気まずさ100%です。

 

 

しかも、「○○さんお願いします」と言っても、

「いま、いません」と言う不在の確率が、

母親のときと比べて、格段にアップするという不思議な現象が起こります。

 

さらに不思議なのは、後日その子に確認すると、

「その時間、家にいたよ」といわれたりします。

 

 

 

なので、学生同士のカップルの場合、

その日に学校で「今日の9時に電話するから」と電話の約束をしたりしていました。

 

女の子は9時前に電話機の前で、待機し、

鳴ったら、すぐに取るわけです。

 

 

ただ、これも弱点があって、その時間に親が電話を使っていたりするんですよね。

当然、男が電話をかけても「プー、プー」と電話中でつながらない。

 

 

カップルの場合でも、こうなので、

合コンとか、ナンパで連絡先を交換しただけの場合、

電話をかける時間の約束もできないし、

相手の子の都合のいい時間をハッキリ把握できていないので、かなり大変でした。

 

 

 

特に痛いのが、美容師さん

美容院って、夜の9時くらいまで営業していますから、

店終わって、女の子が家に帰るのが、めちゃめちゃ遅いんですよ。

 

夜の11時過ぎとかに、家の電話にかけるのも辛いし、

かけても、親が出てしまうと、気まずい…。

 

しかも、夜遅いと、それこそ父親が出る確率も高いので、

本当にプレッシャーだったなー。

 

 

連絡先を交換したものの、結局本人と連絡が取れず、

終わったパターンも何度かありましたね。

 

 

今の子たちが、「合コン、ナンパとかで連絡先聞くのが大変だー」なんて言っていますが、

むかしは、連絡先を交換したあとも、マジで大変でした。

 

オススメ記事