自分の気持ちに素直になる

どーも、三上です。

 

最近、モテそうでモテない人に見られる

ある共通点を見つけましたので、

ここでシェアしたいと思います。

 

  • 顔も悪くない
  • 性格も悪くない
  • 女の子と普通に会話もできる
  • 仕事、勉強も人並みにできる

 

でも、まったくモテず、全然彼女ができないという男性。

自分の気持ちを誤魔化さない

彼らを見ていると、ある共通した特徴が見えてくるんですが、

それは「自分の気持ちに、自分自身素直になっていない」ということです。

 

 

 

たぶん、モテない、彼女がいないということに対して、

自己防衛をしているんだと思いますが、

 

「別にそんなに彼女がほしいわけじゃない」

「(本当は気になる子なのに)大してカワイイと思わない」

 

など、カッコつけた言い訳、態度をとります。

 

 

 

でも、本当に彼女がほしい、その子がカワイイと思うなら、

強がらないで、その気持ちを認めることが大事。

 

「忙しいから」「面倒だから」など、言い訳で自分の気持ちを隠さない。

 

別にキレイ事や精神論を言っているじゃないですよ。

本気で取り組むヤツの方が有利に決まっている

実際、恋愛に限らないけど、何かに取り組むとき、

それを成功させようと本気で思っているやつと、思っていないやつなら、

本気のやつの方が、当然うまくいく確率が高いわけです。

 

 

恋愛も同じで「俺は忙しいし、恋愛のことばかり気をかけてられてない」なんて言って、

本気で彼女をほしいと思わないヤツより、

本気で彼女を作りたいと思っているヤツの方が、はるかにうまくいきます。

 

 

ヤリチンくんやナンパ野郎で大してかっこよくない男でも、

いろんな女の子と仲良くなれるのは、

いろんな女の子と接して、慣れてくるのはもちろん、

素直に「女の子が好き」ということを認めて、それを行動に持っていっているからです。

 

自分の気持ちを認めているから、ナンパや合コンをしまくったり、

外見を磨くために、ファッションや髪型にこだわって、眉を整えたり、

モテるための行動を躊躇なくしているわけです。

 

 

 

自分の気持ちを認めていないと、

 

「ナンパでひっかかる女はバカだし、軽い」

「あんなチャラチャラしたカッコまではしたくないなー」

 

なんて、言い訳ばかりが先行して、行動に移せません。

 

 

 

もし、本当に彼女がほしくないと思っているならいいですよ。

 

でも、このサイトを読んでるあなたは違うでしょ?

 

 

「彼女ほしい」

「女にモテたい」

 

絶対そう思っているはずです。

 

 

モテない人ほど、

 

「仕事(勉強)の邪魔になるなら、彼女いらない」

「(気になる子がいても)付き合いたいとまでは思わない」

 

なんて、自分のプライドを守るための予防線を張りがちなので、注意してください。

 

 

素直になって、本気で取り組むだけでも、だいぶ違ってきますので、

本当に「女にモテたい」と思うなら、その気持ちを素直に認めることです。

 

オススメ記事